FC2ブログ

幻想縄ブログ

土曜日は講習会とサロン

本日もありがとうございました




サロンでは


蝋燭でも盛り上がり


温度や垂らす場所など


体験型で楽しんでいました




ピンクに黒にと


SMと言えば赤!っていうのがなく


なんとも面白かったです




縄に蝋燭は合いますね




縄は本当に 奥深く


追求すればするだけ面白いとおもいますよ




美味しいお土産


今日もありがとうございます






次回の幻想縄会は水曜日


15時~サロン


20時~講習会



  1. 2020/11/22(日) 02:05:52|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

第1回 幻想縄ライブを終えて

11月15日(日)
幻想縄会にて緊縛ライブイベントが開催されました

情勢を鑑みながらのイベントは
人数制限をし
アルコール消毒や換気などウイルス拡散防止に取り組みました
ご来場いただいた皆様にはご協力いただき誠にありがとうございました

このように開催できたこと嬉しく思います


主催の天馬ハルが
柚木かりん、さおり、翼裕香の3人をそれぞれ縛りあげ
三者三様の緊縛美をお見せしました

生の緊縛ライブを初めて見る人が多く
初めて目の当たりにする世界観にのめり込んでいる姿が印象的でした
驚きと感動、なんとも言えない高揚感
新しい扉が開いたことと思います



柚木かりん
真っ白でふわふわなランジェリーが天使のようで美しさを引き立てます
縛られていくと艶っぽさが増し
縄に酔う姿が眩しく
責めが増すごとに喜んでる姿は生命力溢れていました
g1



さおり
細い体のラインに黒の下着とガーターベルトがよく似合います
鞭で打たれても蝋燭をされても
全てはご褒美かのように受け止め感じていく
信頼関係があるからこそ生々しい物語が生まれ心動かされました
g2



翼裕香
和の世界観を大切に着物を羽織り得意な日舞から縄の世界へ誘います
ピンクの長襦袢の上を縄が這う姿は
そこに最初から縄があったかのように自然と縛られていきました
滲み出る汗や早まる吐息から緊縛に対する想いが溢れていました
g3



年明けには第2回が開催されることを願って
緊縛の良さがこれからも広まりますように


幻想縄会では
緊縛サロンが水金土曜日
緊縛講習会が水土曜日にあります

気になる方は
是非ホームページをチェックしてみてくださいね



  1. 2020/11/20(金) 10:00:00|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

本日「幻想縄ライブ」

幻想縄会にて
緊縛ライブが開催されます

早くからご予約いただいたお客様の皆様
誠にありがとうございます

お陰様で満員御礼での開催となります

来られる際は
体調チェックをご自身でされてからいらしてくださいね

撮影の有無は当日入場時に再度ご確認させていただきます
入場時のアルコール消毒などウイルス拡散防止にご協力よろしくお願い致します


それでは
緊縛師天馬ハルによる
三者三様の緊縛ライブをお楽しみください

《モデル》
柚木かりん
さおり
翼裕香

お気をつけていらしてくださいね

幻想縄会

幻想縄ライブ1幻想縄ライブ2


  1. 2020/11/15(日) 12:00:00|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

水曜日はサロンと講習会



今日もサロンの時間帯から縄好きさん達が大集合!


お話に縄遊びに練習に


思い思いに緊縛を楽しむ姿を見てほっこり




講習会はそれぞれの苦手な部分を特訓!


出来ていたところが出来なくなるのも人間ですから


落ち込むぐらい難しいところがあっても、ちょっとした違いを正すと一歩先に進めることもあって、縄は本当に奥が深い




トルソーでは手順や所作を学べますが、幻想縄では生身の女性が体を貸してくれて練習できます


相手を思いやるのが大切


講習会モデルを手伝ってくれるみなさん


いつもありがとうございます




次回は金曜日サロン


18時~24時





  1. 2020/11/12(木) 03:09:24|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

縄のあたたかさ

最近寒くなってきて
人肌恋しい季節がやってきましたね

こんな時
更に縄も恋しくなってはきませんか?


一対一でする遊び
プレイでの緊縛は相手を想い合いながら遊びます

自分だけのエゴではなく
相手を想って縄をかけてあげる
相手を想って縄を受け入れる

そうすると
相手のぬくもりをビンビンに感じ
縄がより一層楽しくプレイできると想います


 縄をしている時の熱って
めちゃくちゃ相手に伝わるものですよ


35


  1. 2020/11/07(土) 02:47:11|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ